1. ホーム

{#h1title1}

{#h1title2}

サマンサティアラ イ・ビョンホン K18WK ダイヤモンドクロスネックレス 深崎暮人 B1特大タペストリー COMIC AUN 2021年8月号

{#h1title3}

{#h1title4}

{#h1title5}

  • WSLに関する解説
  • Linuxの解説
  • cross-envの解説
  • Vueに関する解説

{#h1title6}

{#h1title7}

この記事では Ubuntu をインストールしたものとして解説します

{#h1title8}

⚠注意
インストール中 PATHへの追加 という項目がありますが, 必ずチェックを入れておいてください

{#h1title9}

4: 下記のコマンドを実行し Node.js をインストールします

7: インストールが完了したらVSCodeで先ほど作成したWSL内のプロジェクトを開きます

{#h1title10}

{#h1title11}

(A ・ω・)Dockerでもいいんじゃね?  うん(・ω・私)

{#h1title12}

どうもこんにちは!Webデザイナーの衣笠です。

シーズに入社して、はや4ヶ月。
「仕事終わりのビールが美味しい」と思える日が来るなんて、大人になった…なんて思っています。


{#h3title1}

{#googleDes}


{#h3title2}

{#googleDes}


{#h4title1}

{#googleDes}


{#h4title2}

{#googleDes}


{#h4title3}

{#googleDes}


{#h4title4}

{#googleDes}

余白を使用し、ユーザーが次に取るべき行動を分かりやすく提示することで、ユーザーの迷いをなくす・負荷のかからない設計を行えます。



{#h3title3}

{#googleDes}


余白において一番大切な役割は、「ユーザビリティの向上」です。

  • 情報整理がされておらず、文字も読みづらい
  • 伝えたいことがひと目で明確に分からない

このようなデザインでは、どんなに良いコンテンツが掲載されていても、ユーザーには届きません。

明確に情報を提示し、ユーザーの視線を導くために、余白は大きな役割を果たします


{#h3title4}

{#googleDes}


以上、今回は「デザインにおける余白の重要性」というテーマでお送りいたしました。

{#h1title13}

【安心品質0728】8165レッドウイングRWブーツ8.5D27送料無料旧タグRED WING Carl Zeiss Jena Dokumar 38mm f8 L39 最終お値下げしました! ミズノプロ 硬式 内野手用 グローブ おまけ付き! 30cm travis scott NIKE AIR trainer 1 ナイキ トラビス archaeo brown and rust pink トレーナー

{#h1title14}

{#h1title15}

{#h1title16}

{#h1title17}

{#h1title18}

この記事では下記の環境で開発を行っています

  • AdoptOpenJDK 1.8.0_222-b10
  • IntelliJ IDEA Community 2019.2.2
  • Kotlin 1.3.50

{#h1title19}

build.gradle.kts / pluginsブロック

build.gradle.kts / dependenciesブロック

build.gradle.kts / repositories

handler.kt

handler.kt

handler.kt

{#h2title1}

{#googleDes}

まずは先ほど作成した ResponseBodyクラス のオブジェクトを作成します

handler.kt

handler.kt

{#h1title20}


{#h1title21}

{#h2title2}

{#googleDes}

JavaScriptにもとから存在する, JSON.stringify を用いてもJsonを返すことができます

handler.js

privateに変更したときの実行結果

{#h2title3}

{#googleDes}

一番オーソドックスでわかりやすい返し方だと私は思います

handler.js

{#h1title22}

{#h1title23}

Web Componentsを作成、共有する上での推奨事項をまとめてそれをツールとして提供することを目的とした集まりです。

推奨事項は

  • Developing
  • Linting
  • Testing
  • Building
  • Demoing
  • Publishing
  • Automating

と章をわけてガイドを提供してくれています。 そこで推奨しているパッケージや設定を用意してくれていてツールで生成できるようになっています。

{#h1title24}

ツールを使うと簡単に開発環境を用意してくれます。 npmが使えてプロジェクトのディレクトリを置きたい場所で

{#h1title25}

{#h1title26}

{#h2title4}

{#googleDes}

{#h2title5}

{#googleDes}

LitElementではゲッター properties で返すオブジェクトで要素のプロパティを定義します。

{#h2title6}

{#googleDes}

{#h2title7}

{#googleDes}

::part() - CSS: Cascading Style Sheets | MDN

{#h1title27}

以上がopen-wcで簡単なWeb Componentをつくってみた内容になります。

{#google_images}

{#h1title29}

こんにちは。小國です。

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトを目指す方の参考になればと思い、その時の勉強方法などを紹介します。

{#h2title8}

{#googleDes}
  • ソフトウェアエンジニア 12年(主に LAMP 環境で CakePHP、Laravel、他に Android もちょっとできます)
  • 応用情報技術者試験(AP)
  • LAMP や LEMP 程度なら構築できます(ネットワークは要勉強)
  • 過去に LPIC-1(LPIC-2 は前半だけ合格。。。)
  • とりあえず、なんでもやってみる人

  • S3、聞いたことある
  • ACM、???
  • CloudFront、聞いたことある
  • ELB、聞いたことある
  • リージョン・AZ・エッジロケーション、微妙。。。
  • Lambda、ランブラ?(後にラムダと読むことを知る)
  • DynamoDB、???

{#h2title9}

{#googleDes}

勉強期間は約 2週間で、以下の 2冊の本をやりきりました。

勉強方法はというと、一通り目を通し、章末や模擬試験をすべて正解するまで(間違っている箇所はどこが間違っているか分かるまで)やりました。

おそらく 4、5回はやったかと思います。

  • 作者: ??部昭寛,宮?光平,菖蒲淳司,株式会社ソキウス・ジャパン
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2019/01/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

1冊では不安だったので、こちらも購入しました。

こちらは、問題を解いて間違えた箇所について、本で調べました。こちらの本も同様に、すべて正解するまでやりました。

先に購入した対策本で理解ができていなかった箇所がカバーできたのでよかったと思いますが、解答の解説が少なかったように思います。

{#h2title10}

{#googleDes}

本試験の 2日前ほどに受けました。思っていたより簡単で、結果も 84%ほどの正答率でした。

{#h2title11}

{#googleDes}

本試験ですが、模擬試験に比べ文章も長く・問題も単純なものが少なく、難しかったです。

問題文は、VPC や ELB のネットワークの複合的な問題や、DynanoDB、暗号化についての問題が多かった印象です。

{#h2title12}

{#googleDes}

とりあえずは、AWSソリューションアーキテクトアソシエイト(SAA-C01)を取得できよかったです。

ただし、実際に AWS を使いこなせるかは甚だ疑問で、実際に手を動かしてみて知識・技術の定着をして、業務に役に立てるようやっていきたいです。

また、相当の難易度だと聞く、プロフェッショナル取得を目指せるよう勉強したいなと。。。

プロフェッショナルを目指す方は、ご参考にしてはいかがでしょうか。

{#h1title30}

早速試してみましたのでご紹介したいと思います。

{#h1title31}

ワークフローの自動化で作業をシンプルに 重要な仕事の妨げになるルーティン作業からチームを解放。Slack のワークフロービルダーを活用しましょう。

とキャッチフレーズがありまして簡単にいうとチャンネルに対してアクションを設定し、メッセージまたはフォーム表示できたりします。

アクションとは以下のタイミングで実行することができます。

  • ワークフローボタンから手動実行
  • チャンネルに新しい人がジョインしたとき
  • 特定の絵文字リアクションがついたとき

新しくプロジェクトにアサインした人に自動で必要情報を表示とか、毎朝のMTG内容をフォーム入力で投稿、、といったようなことができそうですね。

弊社ではスマートフォン等の検証機があり、その使用時に特定のチャンネルで通知する、というフローがあります。

いままでは手動でこのように微妙に統一感がなく各自が投稿していましたので、今回はこちらの投稿フォームを作ってみたいと思います!

{#h1title32}

自分が作成したワークフローの管理ができます。(後述していますが、チームで作成されているすべてが無条件に表示されるわけではない)

新規作成してみましょう。

命名

「Save」するとこんな感じに表示されます。

「Add Step」をクリックして、メッセージやフォームを作成してつなげていきます。
すると、、、

ちょっと飛ばしてこのようになりました。

今回だと

  • ワークフロー実行
  • フォーム入力項目設定
  • フォーム入力内容にもとづくメッセージ設定
  • メッセージについているボタンをクリックしたときのメッセージ設定

という順番になっています。

では項目設定の解説していきます。

まず「Add Step」をクリック。

すると「Send a message」 or 「Create a form」の選択がでてきます。

今回の場合だと最初は フォームがほしいので「Create a form」を選択します。

こちらはselect boxで選択肢の設定をしています。

他にも以下選択肢が設定可能です。

  • Short answer (改行NGの自由入力)
  • Long answer (改行OKの自由入力)
  • Select form list (画像のselect box)
  • Select a person (チームないのユーザを選択できるselect box)
  • Select a channel or DM (チームないのチャンネル or DMを選択できるselect box)

また確定したときDMで内容を送信したりもできます。

続いて通常のメッセージ

あと面白いのがボタンをつけることができます。 ボタンをつけていると、次のStepでボタンをクリックしたら起動、ということが実現できます!

そうすると先に送信したメッセージのスレッドに投稿ということも可能になっています。

ここまででできたら右上の「Publish」で公開するとチャンネルからワークフローが実行可能です!

公開できたら実行してみましょう!

{#h1title33}

こんな感じで実行できました!

{#h1title34}

以下は個人の感想です。

  • ワークフロービルダーで作成したものを他人が編集できるようにするにはCollaboratorsに追加しないといけないため、 無条件でチームない共有されない。
  • 絵文字リアクションなんかは複数のチャンネルで同じワークフローを発火できたら面白そう、とおもったがそれはできない。
    ただし、アクション後のメッセージ投稿は任意のチャンネルに投稿できます。
  • アクションはチャンネルにだけ設定できる。自分用にDMに登録はできない。

今後もっと使いやすくなることに期待したいですね!

また面白い使い方が見つけたらブログにしたいと思います。

以上川勝でした。

ケープハイツ レディース ダウンロングコート希少品 タイトリストキャディバッグ 白